大学生でもお金借りたい人はいる

大学に通う身でありながら、どうしてもお金借りたいという人も少なくはありません。では、勉強が本分でも借り入れはできるのでしょうか。

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは原則として20歳以上を対象にした融資を行っています。
そのため、社会人だろうが学生だろうが基本的には成人していないとお金を借りることができません。

しかし、キャッシングによっては18歳以上を対象にしている会社もあるので、未成年の大学生でも借り入れは不可能ではありません。

また、18歳以上を対象とした商品は学生キャッシングと呼ばれており、収入が少ない専門生、短大生、大学生向きのローン商品となっているので、20歳以上の大学生にもおすすめできます。

金利も低めに設定されており、最短で即日お金を借りることも可能な商品です。

ちなみに、成人していれば個人の責任で申し込むことができますが、未成年の場合は保護者の同意がなければ申し込みはできません。

というのも、もしも未成年者に保護者の責任下にない契約をさせた場合は、保護者が契約を無効にする権利を執行することができるのです。

契約取り消しが認められれば取り引き自体がなかったことになり、貸した分返済はしないでいいことになります。

よって、未成年に融資をするリスクを踏まえて、正規の金融会社では必ず保護者の同意を求めるでしょう。

また、もちろんアルバイトで構わないので個人的に収入を得ていることが融資の条件になります。