初めての銀行カードローン利用時に行われる在籍確認とは

消費者金融のキャッシングローンを利用するという場合でも、銀行のカードローンを利用するという場合でも初めて申し込みをした時には審査が行われます。

審査については、申し込みをした際の情報に虚偽が無いかということや信用情報機関への登録状況などが挙げられますが、その他にも在籍確認というものが行われるのが一般的です。

これは、その名の通り申込時に申告した勤務先に勤務の実態があるのかを調べるということを目的として行われるものです。

確認方法は、一般的には電話で行われます。
とは言っても、その際に銀行カードローンの審査のためであるということを言われるということはありません。

あくまでも担当者の個人名で、申込者がその会社に在籍しているかどうかを調べるというものです。
多くの場合はそれが原因でお金を借りようとしているという事がバレることはありません。

実際に在籍確認の連絡を受けた人の体験談などを確認してみると、この連絡に応対するのは、必ずしも申込者本人である必要は無いようです。

あらかじめ、職場に連絡があるということを知らせることにより、不要なトラブルを軽減させることが出来ます。

電話での職場での連絡について、理由があり避けたいという場合には、申し込み時にそのことを伝えるようにしましょう。

必ずではありませんが、書類を提出することにより、職場への連絡を防ぐことが出来る可能性があります。
書類については、あらかじめ用意するようにしましょう。