専業主婦でも借り入れ可能なキャッシングは

キャッシングはあらかじめ設定した融資限度額内であればいつでも借り入れができるものです。

お金が急に必要といったさいに現金を用立てることができ、またカードを用いたものであれば、ATMやCDからいつでもお金を引き出すことができます。

近年はインターネットから申し込むことも可能で、ネット銀行と提携しているものの場合には、24時間365日いつでも借り入れ可能です。

カードローンという商品名でも知られますがいずれも共通しているのは、無担保であり無保証人のローンということで、またお金を借りたさいの手数料としての金利が高めに設定されているといったことがあります。

一方でお金を借入れた場合には必ず返済しなければなりません。
返済するためには収入があることが前提です。

このため専業主婦などの場合にはハードルの高いものといえます。
特に消費者金融など貸金業者の場合には、貸金業法の規制を受けるため年収のない専業主婦は審査に通らないのが一般的です。

しかし銀行のカードローンの場合には貸金業法の規制はないため無収入の人であっても貸付することが可能です。

専業主婦の借り入れ可能な条件としては配偶者に一定の年収があることです。
また借り入れできる上限金額も30万円から50万円程度に制限されることになります。

しかし銀行のローン商品がすべて対応しているわけではなく対応しているものを選ぶ必要があります。
特に大手都市銀行はこの分野に力を入れており、体験談でも高い評価を受けています。